「かわいい」は、おかわりしたくなる。

暗く見えるくすみ肌……肌をワントーン明るくする方法とは?

1,320
作成:2020/02/26更新:2020/02/26

なんだか顔が暗く見える……そんな時ってありませんか? 肌が暗く見えるのは、もしかしたら肌のくすみのせいかもしれません。そんな時は、くすみケアを行なって明るい肌へと導いていきましょう。

そこで今回は、暗く見えるくすみ肌からワントーン明るくする方法をご紹介していきます。透明感あふれる肌を手に入れて、パッと明るい肌を手に入れましょう。

くすみ肌の原因とは?

そもそも、なぜくすみ肌は起こるのでしょうか。主に乾燥や古い角質、血行不良、紫外線によるダメージなど、さまざまなことが原因で起こるとされています。

そのまま放ったらかしに詞続ければ、肌はどんどん透明感を失っていきます。次第にどんよりと暗い印象になってしまうので、今からくすみケアを行なっていくことが大事です。

洗顔方法を見直そう

肌にくすみを感じたら、まずは洗顔を見直すことから始めてみましょう。くすみケアを行う時は、古い角質や皮脂を落とすだけでなく、大気の汚染物質も一緒に落としてあげる必要があります。

大気には小さな汚れの粒子が含まれているのですが、いつもの洗顔では落とし切れない可能性があります。そこでキメの細かいクリーミーな洗顔料を使うのがおすすめです。

週1回の角質ケアをしよう

人間の肌は、1日の間に何百万もの皮膚細胞が生まれ変わっていると言われています。しかし加齢や乾燥の影響を受けると、古い角質が自然に落ちなくなっていき肌がくすんでいくのです。

古い角質を取り除くためには、週1〜2回の角質ケアを行うのがおすすめです。角質ケアには、「スクラブ」と「ピーリング」がありますが、乾燥や刺激を考慮するなら天然成分のスクラブがおすすめです。

ピーリングを行う時は、アロエや緑茶といった鎮静成分が含まれているものを選ぶことと、ケア後の保湿が大切です。

ケア後の保湿が大切

ピーリングに関わらずスクラブで角質ケアをした後や洗顔後も、しっかりと保湿することが大切です。保湿剤は、ヒアルロン酸やセラミドといった保湿効果の高い成分を含んだものを選ぶようにしましょう。

美容液は、メラニンの生成を抑制してくれるビタミンC配合のものを使いましょう。そうすることで、よりみずみずしくワントーン明るい肌へと導いてくれるはずです。

まとめ

今回は、暗く見えるくすみ肌をワントーン明るくする方法についてご紹介しました。肌のくすみが気になったら、まずは日頃の洗顔を見直してみることから始めましょう。

そして週に1〜2回は、きちんと角質ケアを行なって古い角質を落とし、しっかりと保湿してあげることも忘れないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事を書いたwriter

灯-mawali編集部

灯-mawali編集部

灯-mawaliのメンバーが、あなたに素敵な情報をお届けします♪