「かわいい」は、おかわりしたくなる。

乾燥する季節のヘアケア!アウトバスケアでサラサラ髪へ導く

1,760
作成:2019/11/09更新:2019/11/09

寒い季節になると気になってくるのが乾燥ですよね。乾燥は、肌はもちろん髪の毛などにも悪影響を及ぼします。スキンケアは、日頃行なっていると思いますが、ヘアケアってつい見落としがちなんですよね。

そこで今回は、乾燥でパサつく髪の毛をサラサラ髪へと導く方法をご紹介していきたいと思います。潤いのある髪の毛を手に入れていきましょう!

今の時期の髪の毛はダメージを負っている!

秋の髪の毛の状態は、夏の強い日差し・紫外線を浴びてダメージを負っている状態です。その結果、乾燥によるパサつきやゴワつきといったトラブルが起きやすくなります。

他にも髪の毛が乾燥してしまうと、静電気などを蓄えやすく広がったまとまりのない髪の毛になることもあります。きちんと髪の毛のケアをして整えてあげないといけません。

そこで重要となってくるのが「アウトバスケア」です。

アウトバスケアって何?

みなさんは、普段お風呂に入った時にトリートメントやコンディショナーでヘアケアをすると思います。トリートメントをしたあと洗い流しますよね。こういった洗い流すタイプのケアを「インバストケア」と言います。

逆にお風呂上がりの髪の毛を乾かす前などに行う洗い流さないケアを「アウトバスケア」と言います。

スキンケアと一緒でお風呂上がりのヘアケアが大切

みなさんは、お風呂上がりに化粧水や乳液、美容液、クリームなどを使って肌を保湿すると思います。お風呂上がりに何もしないと肌がパキパキになることってありませんか?

髪の毛も同じでお風呂上がりにきちんと保湿ケアをしてあげないと、乾燥してパサパサの髪の毛になってしまうわけです。スキンケアで言うところの化粧水や乳液を使ってアウトバスケアをしてあげる必要があります。

アウトバスケアの種類

アウトバスケアには、いくつかの種類があります。例えば、オイル・セラムやクリーム、スプレーなどが挙げられます。

オイル・セラムタイプのアウトバスケアは、パサつきや広がりをケアし、柔らかい肌へと導いてくれます。また髪の毛の表面に膜を張ることで、しっかりと保湿してくれます。

髪の毛の質や状態に合わせて、行うアウトバスケアを選ぶと良いですよ。

まとめ

夏の紫外線によるダメージが蓄積された秋は、乾燥によって髪の毛がパサついたりゴワついたり、さまざまなトラブルを引き起こしやすくなります。

普段通りのインバスケアでは、十分なケアにならないこともあるので、しっかりとアウトバスケアをしてあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事を書いたwriter

灯-mawali編集部

灯-mawali編集部

灯-mawaliのメンバーが、あなたに素敵な情報をお届けします♪