「かわいい」は、おかわりしたくなる。

リビングにラグ敷いてる?ラグにこだわっておしゃれインテリアを作ろう

709
作成:2020/02/13更新:2020/02/13

自宅の中でも特に過ごすことの多いリビングは、やはり過ごしやすい空間にしたいですよね。またおしゃれにもこだわって自分の好きな空間に仕上げたいところ。

そこで今回は、ラグを使ったインテリアコーディネート術をご紹介していきたいと思います。ラグを変えるだけで空間の雰囲気は、ガラッと変わるものですよ!

ラグはリビングのメインカラー

みなさん、インテリアコーディネートにおけるカラーの使い方をご存知でしょうか。インテリアでは、大きくわけて3つのカラーに分別されます。

ベースカラーは、床や壁、天井といった空間のベースとなるカラーのことで、空間の大部分の面積を占めるカラーです。アソートカラーは、ベースカラーに次ぐ面積を占めるカラーのことです。アクセントカラーは、一番面積が小さく、主に小物や雑貨など空間のアクセントとなるカラーのことです。

ラグは、この中だと「アソートカラー」に分類されます。ソファやベッドなど大型家具と同じくらい空間の印象を決定づけるインテリアと言っても過言ではありません。

シンプルな部屋には柄物ラグがおすすめ

シックでシンプルな部屋作りをしている方には、柄物ラグがおすすめです。海外デザインの柄物ラグは、特に存在感抜群で敷くだけで空間が映えます。

部屋全体とラグの柄の色味をあわせることで、デザインが浮くこともなく馴染んでくれます。海外デザインのラグは毛足が短いものが多いため、通年使えるのもメリットです。

ダークカラーが多い部屋には差し色をプラス

ダークカラーのインテリアを多く配置している方は、ラグで差し色をプラスするとよいですよ。黒や白、グレーなどのモノトーン、ネイビーやダークブラウンなどダークトーンのカラーが多いなら、ラグにはいろんなカラーが入ったものを選びましょう。

いろんなカラーが入ったものと言っても、空間全体に使われているアクセントカラーを意識することで統一感のある空間を作ることができます。

迷ったら何にでも合う白ラグを選ぼう

どんなラグを買えばいいかわからないという方は、何にでも合う白ラグがおすすめです。モダンな雰囲気の空間にもマッチしますし、ナチュラルなインテリアスタイルにも合います。

観葉植物やウッドなどをインテリアに多く取り入れている場合は、白ラグを取り入れることで明るく過ごしやすい空間に仕上げることができるでしょう。

まとめ

どんなラグを敷くかによって、空間の雰囲気は大きく変わります。今のインテリアスタイルに合わせて、ラグにもこだわってみることでより過ごしやすく自分好みの空間になるはずです。

シンプルなラグが好みという方は、素材にこだわってみてください。素材のこだわることで肌触りも気持ち良く、空間としても見栄えが変わるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事を書いたwriter

編集部

編集部