「かわいい」は、おかわりしたくなる。

カフェインの摂り過ぎは肌に良くない?カフェインが肌にもたらす影響

2,097
作成:2019/11/12更新:2019/11/12

みなさんは、コーヒーや紅茶が好きですか? ちょっと一息付きたい時にお供として飲みたくなる人も多いのではないでしょうか。他にも頑張らないといけないけど眠たい……なんて時に飲むと、眠気覚ましになるので良いですよね。

その眠気覚ましに一役買っているのが、コーヒーや紅茶に含まれている「カフェイン」です。しかしこのカフェイン、摂取し過ぎるとお肌に良くないと言われているのです……。

そこで今回は、カフェインが肌にもたらす影響についてご紹介していきたいと思います。

カフェイン摂取を控えると睡眠の質が上がる?

カフェインは眠気覚まし効果があるので、眠たいけど眠れない時に飲むと効果的ですよね。しかしカフェインを飲むと、睡眠の質が低下してしまうと言われています。

実際にカフェイン摂取をやめたことで、朝の目覚めが良くなったという人も多くいるようです。睡眠不足は、肌にとって悪影響ですよね。睡眠の質が改善されたら、肌の調子も良くなるというわけです。

美肌に欠かせないビタミンが吸収されやすくなる

カフェインを摂取することで、ビタミンやミネラルの吸収を阻害し、微量栄養素が不足してしまいます。ビタミンCが肌に良いことは、みなさんもすでにご存知かと思います。

この他にもビタミンBの一つである葉酸は、よく妊活中や妊婦の方が摂取すると良いと言われていますが、この他に肌のターンオーバーを促進する作用があるとも言われています。

カフェインは乾燥しやすくなる?

コーヒーや紅茶も飲み物ですから、体に潤いを与えるのでは? と思われがちですが、利尿作用があるため、摂取しても結局水分が不足しやすくなってしまいます。

そのため体にじゅうぶんな水分を補給したいなら、コーヒーや紅茶ではなくノンカフェイン飲料をチョイスすると良いです。一番は、やはり水を飲むことですね。

カフェイン断ちは良いことがいっぱい?

カフェインの摂取を断つことで、足先が冷えなくなる効果もあるようです。寒くなるこれからの季節、冷え性になりやすい女性にとっては嬉しいですね。

カフェインを摂取すると、交感神経の働きが活発になり目が冴えてきます。しかし交感神経が活発になり過ぎてしまうと、皮脂分泌が増えるため肌トラブルが起きやすくなると言われています。カフェインの摂取を控えれば、肌トラブルも起きづらくなるでしょう。

まとめ

コーヒーや紅茶は、美味しいですし、眠気覚ましにもなるので、普段仕事をしながら飲む人も多いと思います。しかしカフェインの摂り過ぎは、良くないと言われています。

毎日、何度もコーヒーを飲むという人は、少しずつ摂取量を減らしてみるのも良いでしょう。そうすることで結果的に美肌に繋がるかもしれませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事を書いたwriter

灯-mawali編集部

灯-mawali編集部

灯-mawaliのメンバーが、あなたに素敵な情報をお届けします♪