「かわいい」は、おかわりしたくなる。

インナードライ肌とは?インナードライによる肌トラブルと改善方法

2,043
作成:2019/08/26更新:2019/08/26

美容に関心の高いみなさんであれば、インナードライ肌という言葉を耳にしたことがあると思います。しかし実際にこのインナードライ肌がどういう肌を指すのか、いまいち理解していないという人もいるのではないでしょうか。

インナードライの状態を放置していると、さまざまな肌トラブルを引き起こす要因になってしまいます。そこで今回は、インナードライ肌がどういう肌なのか、またその改善方法についてご紹介していきたいと思います。

インナードライ肌とは?

インナードライ肌とは、肌の内側が水分不足となり乾燥している状態のことを言います。しかし肌表面は、皮脂分泌が多くなっており、テカりやベタつきがあります。

そういったことから脂性肌と勘違いをすることがあるのです。結果間違ったスキンケアを行なってしまうなんてこともあります。

インナードライ肌の原因は?

では、どういったことが原因でインナードライ肌になってしまうのでしょうか? それは、ズバリ「乾燥」が原因です。肌表面は皮脂が多いのに乾燥が原因って不思議ですよね。

そもそも皮脂が分泌されるのには、きちんと理由があります。皮脂と水分が混ざり合うことで皮脂膜を作って、肌を外部刺激から保護してくれます。

皮脂膜を作るためには、皮脂量と水分量のバランスが大切です。しかし肌の内側が乾燥していると、肌表面の皮脂と水分のバランスが崩れてしまうのです。

足りない水分を補うために皮脂が過剰分泌されます。肌の内側が乾燥(インナードライ)することで、肌表面は皮脂が多くなってしまうということですね。

インナードライが原因の肌トラブル

インナードライが原因で引き起こされる肌トラブルとしては、以下のようなものが挙げられます。

・ニキビ
・小じわ
・シミ・くすみ
・カサつき・ゴワつき

このようにインナードライ肌は、肌にとって良いことが一つもありません。インナードライ肌の場合は、いち早く改善したいところですね。では、改善方法としては何があるのでしょうか?

インナードライ肌の改善方法

インナードライ肌の改善方法をポイントで紹介していきます。

・必要な皮脂まで落とさない
・日中もしっかり保湿する
・吸収しやすい水分を摂取
・角層までしっかり保湿する

インナードライ肌を改善するには、とにかく保湿が大切です。水分をしっかりと与えて、油分と水分のバランスを整えましょう。

まとめ

インナードライ肌は、肌の内側こそ乾燥しているのですが肌表面は皮脂が過剰分泌している状態になります。そのため洗顔などでついゴシゴシ洗い落としてしまいがち。

そうなると必要な皮脂まで取り除いてしまうため、結果として乾燥を引き起こし、インナードライ肌になる原因となりかねません。

必要な皮脂は残しながら、しっかりと保湿をして肌が乾燥しないようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事を書いたwriter

灯-mawali編集部

灯-mawali編集部

灯-mawaliのメンバーが、あなたに素敵な情報をお届けします♪