「かわいい」は、おかわりしたくなる。

いくら気の合う男友達でも彼氏にしない方がいい人もいる話

991
作成:2020/02/07更新:2020/02/07

友達から恋人に関係が発展する……なんてよく聞く話ですよね。友達同士だと、お互い気を遣わなくていいし、性格が会うから一緒にいるわけですし、性格が合うんですよね。

だから友達から恋愛関係になると、長く付き合えると言います。しかし逆もまた然りで、いくら気の合う男友達だからといって、彼氏にしない方がいいパターンもあります。

そこで今回は、彼氏にしないほうがいい男性の特徴についてご紹介していきたいと思います。

普段から愚痴を言うことが多い

友達同士で遊ぶ時は、「最近、仕事どう?」なんて話をすることもあると思います。仕事の話となると、やっぱり出てくるのが愚痴ですよね。業務内容や上司、先輩、同僚、後輩といった人間関係の愚痴などいろいろあると思います。

友達同士だと、お互い気を遣わなくていいし、共感し合ったり、思ったことを言い合えるのでいいですが、恋人関係になると話は違ってきます。

一緒にいる時間も増えますから、会えば愚痴ばかり……となると、やっぱり楽しくないですし、ネガティブな雰囲気になって気疲れしちゃいますね。どうせなら楽しく過ごしたいです。

金遣いが荒い

頻繁に洋服や欲しい物を買っている人は、お金遣いが荒い可能性が高いです。それだけ散財できる収入があるのかもしれませんが、いざ付き合ってもお金がないからご飯を食べに行ったり、観光に出かけたりするのもできないので、つまらない付き合いになるかもしれません。

何より全く貯金していないとなれば、付き合ったとしても将来的に不安です。金銭面は、しっかりしている男性の方が安心ですよね。

冗談っぽく悪口を言う

仲が良いと、冗談で相手を貶すことってあると思います。「本当、バカだよね(笑)」とか「今の顔すごいブサイク(笑)」なんて言いながらも、冗談で済ませられる関係ってある意味素敵だと思います。

でも恋人関係になっても、冗談のつもりでそういうことを言ってこられると、自己肯定感が損なわれてしまいます。元々友達でも今は好きな人ですから、好きな人に貶されるのは辛いものです。

まとめ

今回は、気の合う友達でも彼氏にしない方がいい男性の特徴についてご紹介しました。友達関係だと、価値観や性格が全くの真逆でも、なぜか上手くいくケースってありますよね。

でもそれはあくまで友達関係だから上手くいっているのであって、恋人関係になると「なんだか合わないな」と思うこともあります。友達のままの方が上手くいくケースもあるので、恋愛関係に発展させるかどうかは、見極めが必要になるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事を書いたwriter

編集部

編集部