「かわいい」は、おかわりしたくなる。

「胸の谷間がザラザラする……」胸元の肌トラブルの改善方法を紹介!

7,707
作成:2019/09/25更新:2019/09/25

日頃からフェイスケアをする人は多いと思います。顔に比べて普段からひと目につくことの少ない胸の谷間は、どうしてもケアをサボりがちで悩んでいる人も少なくありません。

他の人はどうなのか確認することも難しい部分ですから、コンプレックスに発展しやすいですよね。しかし胸特有の環境が肌トラブルを引き起こすことも多いです。

そこで今回は、胸の肌トラブルの改善方法についてまとめてみました。

胸の肌トラブルにもさまざまなものがある

胸の谷間は、胸が大きい人だと汗をかきやすかったり、ムレやすかったりするので、さまざまな肌トラブルを引き起こしやすい環境と言えます。

人によって赤いブツブツができたり、谷間だけザラザラ肌になったり、他にもあせもができて困っているなんて人もいることでしょう。

まずは、それぞれのトラブルが起こる現任について知ることが大切です。

赤いブツブツができる

胸の谷間は、実は皮脂腺が多く、さらに汗をかいてムレやすい場所でもあります。赤いブツブツは、ニキビや湿疹、それ以外の症状の場合があるため、ひどい場合は病院で診てもらうのも一つです。

ニキビの場合は、きちんと泡立てた洗浄剤で谷間を綺麗に洗いましょう。お風呂上がりは、殺菌成分が配合されたクリームなどを塗るのも良いです。湿疹などの場合は、下着が合っていない可能性があるので、着用している下着の素材などを見て買い替えを検討してください。

谷間だけザラザラ肌になる

胸の谷間の部分だけがザラザラ肌になる場合、皮脂が角栓となって毛穴に詰まっているのかもしれません。谷間は、皮脂腺が多いので皮脂が分泌しやすく毛穴づまりを起こしやすいです。

肌のターンオーバーを促進するケミカルピーリングなどで、毛穴に詰まった角栓を取り除くと良いでしょう。他にも角栓を取り除くゴマージュ・ピーリングもありますが、谷間には少々刺激が強すぎるので避けるのが良いです。

あせもができる

あせもって赤ちゃんによくできるイメージがありますよね。これは、ムチムチのお肉が寄ることでムレやすいからです。胸が大きい人は、谷間に汗をかきやすくムレやすいため、痒くなりあせもになってしまうわけです。

汗をかいたらこまめに拭く癖をつけましょう。可能であれば、ドライタオルよりも濡れタオルがおすすめです。しっかりと皮脂や塩分を取り除いてあげることが大切。

まとめ

今回は、胸の谷間の肌トラブルについてお話しました。みなさんの中には、胸の肌トラブルに悩んでいるけど、なかなか人に相談できないという人もいるのではないでしょうか。

症状がひどい場合は、お医者さんに診てもらうことをおすすめしますが、ニキビや毛穴詰まりが原因の場合は、自宅でボディケアをすることで改善できる可能性もあります。

綺麗な胸の谷間を維持するためにも、日頃からボディケアを意識してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事を書いたwriter

編集部

編集部