「かわいい」は、おかわりしたくなる。

老け見えの原因は肌色にある!?肌色をコントロールしよう

2,124
作成:2019/08/20更新:2019/08/20

年齢よりも老けて見られるなんて方も、中にはいるかもしれませんね。老け顔に見られる原因には、いろいろありますが、その中でも「肌色」が老けて見られる原因の一つです。

肌の色も、くすみやシミ、糖化によって違って見えます。いつもと同じメイク、表情をしていてもまったく違った印象に見られることもあるわけですね。

今回は、さまざまな老け肌色の原因についてお話していきたいと思います。

肌の色で5歳以上老けて見られる!?

黄ぐすみや暗ぐすみ、シミといったように、顔にくすみやシミがあるといつもよりも老けて見られます。それに化粧をしても思ったような印象に仕上がらないんですよね。

しかし最近の美白化粧品は、くすみやシミをケアするだけでなく、肌の色による老け見えを改善してくれるものが増えてきました。

本来あるべき肌の透明感や血色感などを取り戻すことによって、老け顔からおさらばすることができるというわけですね。また最近では、食べるコスメも流行しているので、Wアプローチで美肌を手に入れたいところです。

黄ぐすみの原因って?

黄ぐすみは、真皮のコラーゲンやエラスチンが糖化・カルボニル化することで黄色くくすんで見えることを言います。

糖分の多い食事ばかりしていると糖化しますし、脂質を摂取し過ぎるとカルボニル化の要因となってしまいます。他にも、紫外線、ストレス、煙草も糖化やカルボニル化を促します。

暗ぐすみのの原因って?

暗ぐすみは、紫外線の影響や運動不足のほか、保湿などが不十分なことによりターンオーバーが乱れて古い角質が重層化することで起こります。

そして重層化した古い角質がカサつきやゴワつきを引き起こすわけですが、それらを放置しているとどんどん暗ぐすみを進行させてしまいます。

ストレス、代謝不良、乾燥などが主な原因ですので、ストレスが肌に影響しやすい人は要注意が必要です。

シミの原因って?

シミが増え目立つようになると、一気に老け顔に見えるようになります。まだ若いから大丈夫と思っている人も、肌の老化は遅らせることはできても止めることはできません。

主な原因は、紫外線や摩擦、肌エラーなどが挙げられますので、今のうちからしっかりとUVケアなどをするようにしてください。

まとめ

肌の色がくすんで見えたり、シミが増えるだけで、老けて見えるようになってしまいます。そうならないためには、日頃の食事やストレス解消なども重要になります。

ですが、最新の美白化粧品なんかは、肌色にもアプローチしてくれるものが増えている上、美容サプリメントなんかもあるので、外と中から美白を目指すことができますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事を書いたwriter

灯-mawali イメージガール

灯-mawali イメージガール