「かわいい」は、おかわりしたくなる。

美容・健康に睡眠の質は大切!寝苦しい熱帯夜で快眠するには?

2,049
作成:2019/08/11更新:2019/08/20

私たち人間にとって睡眠は、とても大切なものですよね。最適な睡眠時間は、人によって異なるのですが、美容や健康のことを考えるならきちんと質の良い睡眠を摂ることが大切。

しかし夏の夜って蒸し暑くて寝苦しいですよね。それこそ熱帯夜という表現がぴったりなほど。今回は、そんな暑い夏の夜に快眠するためのコツをご紹介していきます。

なぜ夏の夜は寝苦しい?

夏の夜が寝苦しく感じるのは、「温度」と「湿度」が高いことが主な原因です。温度が高いから汗をたくさんかきやすいけど、湿度が高いことで汗が蒸発しにくいのです。

汗が蒸発しにくいということは、体温調節がうまくいかないということであり、結果ぐっすりと眠ることができないわけです。

熱帯夜でも快眠するためには、寝具や室内環境を整えて、適切な体温コントロールをすることが大切です。

背中を涼しくすることが大切

夏に寝苦しく感じるのは、背中が蒸れやすいからです。吸汗性があって熱を逃しやすい敷きパッドを使うことで、背中が蒸れるのを軽減できます。

そのため、敷きパッドは吸湿性と通気性が優れているものを選びましょう。また横向きで寝ることで背中が開くので、意識があるうちは横向きで寝てみてください。

掛け布団も適切なものを選ぼう

季節に合わせて掛け布団は変えていると思います。夏は、ガーゼケットなど通気性が良く、軽くて柔らかいものを選ぶと良いですよ。

またガーゼケットは、乾きが速いので汗をかきやすい季節でも洗濯しやすくおすすめです。クーラーの効いた部屋でも、ガーゼケットを重ねれば適度な保温性も発揮します。

寝る1時間前からクーラーで部屋を冷やそう

就寝前に室温をある程度低くしておくと、寝付きやすくなります。今から寝るというタイミングでクーラーを付けるのではなく、寝る1時間前から部屋を冷やしておくと良いです。

大体25℃~26℃くらいに設定して、寝る直前に少し温度を上げれば寒くなり過ぎませんし、暑さで目覚めることも防げます。

まとめ

暑い夏の夜に快適に寝るためにも、睡眠環境を整えることはとても大切です。この他にも、ハーフパンツよりも長ズボンを履いて寝た方が冷えづらいのでおすすめ。

汗をかいて水分不足になり足が冷えると、つりやすくなるので注意。枕元にコップ1杯分の水を用意しておき、寝る前に水分補給をすると良いですよ。

足元は冷やさないようにして、逆に頭は冷やすとさらに寝やすいです。保冷剤や氷枕などを使って頭を冷やせば、よりリラックスして眠ることができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事を書いたwriter

灯-mawali イメージガール

灯-mawali イメージガール