「かわいい」は、おかわりしたくなる。

夏の乾燥はエアコンが原因?肌の潤いを保つスキンケア方法とは

156
作成:2020/08/19更新:2020/08/19

夏の肌トラブルといえば、皮脂や汗、メイク汚れによる肌荒れなどがあげられると思います。しかしそれだけでなく夏でも乾燥による肌トラブルが起こることも珍しくありません。

肌の乾燥は、冬の時期に起こるイメージがあるため、夏の乾燥対策はスキが生まれることもあるんですよね。夏場でもしっかりと乾燥対策をして乾燥知らずの肌へと導いていきましょう。

夏場に肌が乾燥する原因は何?

夏場に肌が乾燥する原因としては、さまざまなものがあります。例えば、紫外線も乾燥へと導く原因の一つですね。日焼けすると、肌が乾燥状態になり水分が不足しがちになるのでしっかりと潤いを与えることが大切です。

しかしほとんどの方は、日焼け止めを塗るなどきちんと対策をしていると思います。そういった中で、気づかぬうちに乾燥肌へと導いている原因があります。それが「エアコン」です。

涼しさと引き換えに乾燥を促している!?

暑い夏の時期を快適にしてくれる存在、それがエアコンですよね。部屋の中を快適な温度に調整することができます。また雨が降って蒸し暑い日も除湿することができるなど、私達の夏場には欠かせない家電製品といえるでしょう。

しかし部屋の空気が冷えたり除湿したりすることで、部屋の空気が乾燥しやすくなるのです。次第に肌の水分までも吸収して乾燥させることがあるため注意が必要です。

エアコンで肌が乾燥するとどうなる?

エアコンによって肌が乾燥してしまうと、さまざまな肌トラブルが引き起こされる可能性があります。例えば、肌のゴワつきやくすみ、小ジワ、凹凸などいろんな肌トラブルが考えられるでしょう。

しかし乾燥を防ぐためにエアコンを使わないと、今度は熱中症の危険性も高まりますし、職場やお店では常にエアコンが効いているので自分ではコントロールしようがありません。

では、エアコンの効いた涼しい部屋で過ごしながら、肌の潤いを保つためにはどうすればいいのでしょうか。スキンケア方法についてご紹介していきましょう。

保湿クリームで潤いを与えること

保湿クリームと聞くと、乾燥しがちな冬場に使うイメージがあると思います。しかし夏場でも肌の乾燥を防ぐためには、欠かせないアイテムといえます。

夏場は、汗をかきやすかったり皮脂が出やすかったりしますが、きちんと保湿クリームを使いこなすことで夏場に起こる乾燥を防ぐことができます。

とはいえ、冬場に使っているようなこっくりとした保湿クリームはおすすめしません。濃厚な保湿クリームは、油分が多くベタつきや肌トラブルの原因となってしまいます。

夏専用の軽いつけ心地の保湿クリームが販売されていますので、そういったアイテムを使うようにしましょう。

保湿クリームを選ぶときのポイント

保湿クリームを選ぶときは、高い保湿効果を持つとされるセラミドやヒアルロン酸を含む保湿クリームがおすすめです。セラミドには、肌のバリア機能を高める効果があるとされています。

またヒアルロン酸に関しては、肌の潤いをキープするのに効果的だとか。夏の保湿ケアには、この2つの成分に注力して保湿クリームを選ぶようにするとよいでしょう。

枕カバーをシルク素材にする

夜間、暑くて寝苦しいのが嫌で寝ている間もエアコンをつけっぱなしにしている方もいると思います。そういった人にぜひおすすめしたいのは、シルク素材の枕カバーを使うことです。

厚手の枕カバーは、吸水性が高いため顔の水分や保湿成分まで吸収してしまうことがあり、肌を乾燥させる可能性があるのです。

しかしシルク素材の枕カバーは、肌触りがよく保湿効果も高いため、寝ている間に肌や髪の毛の潤いを保持することができるとか。

またエアコンをずっとつけっぱなしにするよりも、タイマーで自動停止するように設定しておくのも対策の一つです。

ミストスプレーなどで潤いを与える

自宅で肌の乾燥をしたときは、あの手この手で対策できると思いますが、出先で乾燥を感じたときはどうすればいいのでしょうか。外出中に乾燥を感じたときは、ミストスプレーを使って保湿ケアをするのがおすすめです。

ミストスプレーの中には、保湿成分入りのアイテムもあるので、メイクの上からシュッと吹きかけるだけで手軽に保湿ケアができます。メイク崩れの心配もなく簡単に肌にうるおいを与えられるのはとても魅力的ではないでしょうか。

まとめ

今回は、夏の乾燥対策方法についてお話しました。夏場は、冷房の効いた空間にいる時間が増えるため、どうしても肌が乾燥しやすくなってしまいます。

そのため夏場でも、さっぱり系の保湿クリームやミストスプレーで保湿ケアをすることが大切ですよ。夜寝ているときもエアコンをつけっぱなしにしている方は、枕カバーをシルク素材に変えてみるのも一つの方法です。

肌が乾燥すると足りない水分を補おうと、皮脂が過剰分泌してテカリ肌になりやすいので、しっかりと潤いを与えることを意識しましょう。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書いてみましょう

Light
レビューの平均:  
 0 レビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事を書いたwriter

編集部

編集部