「かわいい」は、おかわりしたくなる。

あぶらとり紙、正しく使ってる?注意しないと肌トラブルになるかも

438
作成:2020/06/19更新:2020/06/19

夏になると汗や皮脂が出て、ベタつきやテカリが気になるようになりますね。そんなとき、あぶらとり紙を使う方は多いのではないでしょうか。しかし何も考えずにあぶらとり紙を使ってしまうと、肌トラブルに発展する可能性があるのです。

そこで今回は、あぶらとり紙の正しい使い方についてご紹介していきます。合わせて使用する際の注意点もお話するのでチェックしてみてください。

あぶらとり紙の正しい使い方とは

毎朝、しっかりとメイクをしてもある程度時間が経つと皮脂が浮いてきますね。おでこや鼻の頭などテカリが気になる箇所は、あぶらとり紙でケアすると思います。

きっと感覚であぶらとり紙を使っている方が多いと思うのですが、正しい使い方をしないと肌トラブルを引き起こす原因になるのをご存知でしょうか。

では、あぶらとり紙の正しい使い方を見ていきましょう。

顔全体に使えばいいわけではない

みなさんは、あぶらとり紙を使うとき顔全体に使っていませんか? 顔の皮脂を取り除きしっかりとメイク直しをしたいとなると、つい全体に使ってしまうでしょう。

しかしあぶらとり紙は、そもそも余分な皮脂を取り除くために使うアイテムです。頬や顎付近など乾燥しやすい箇所にも使ってしまうと、必要な皮脂も取り除くことになります。

皮脂が浮きやすいTゾーンなど、ベタつく箇所にだけ使うようにしてください。

擦らないように気をつける

あぶらとり紙を使うときに、余分な皮脂を拭き取ろうと擦ってしまう方がいます。しかしこの使い方はNGです。擦ってしまうと、摩擦によって肌にダメージを与えてしまいます。

また必要以上に皮脂を取り除くことにも繋がりますので注意が必要です。あぶらとり紙は、肌に乗せる感覚で使うようにしましょう。

皮脂を取ったあとは保湿する

あぶらとり紙は、肌のベタつきを取り除いて化粧直し後の化粧崩れをしづらくしてくれます。しかしあぶらとり紙を使ったあとは、肌が乾燥しやすくなっているので気をつけましょう。

あぶらとり紙で皮脂を取ったら、化粧水などを使って肌をしっかりと保湿してあげてください。最近では持ち運び便利なミスト化粧水なども販売されています。あぶらとり紙と化粧水は、セットで使うものと認識しておきましょう。

あぶらとり紙は夏場だけ使う

人によっては、一年中あぶらとり紙を使っている方もいるのではないでしょうか。脂性肌の人やインナードライ肌の方は、年中使う機会が多いと思います。

しかしあぶらとり紙は、夏場など暑い時期のみの使用に限定したほうがよいです。乾燥しやすい時期に使ってしまうと、必要以上に皮脂を取り除くことになります。

肌が乾燥すると不足した水分を補うために、皮脂を過剰分泌させてしまいます。余計にテカリやベタつきが生じてしまうので、使う時期やタイミングには注意が必要です。

普段はティッシュオフでOK

基本的にメイク直し前に皮脂を取り除きたいとき以外は、あぶらとり紙を使わなくても大丈夫です。メイク直し以外の場面では、ティッシュなどを使って取り除きましょう。

ちょっとテカリが気になるなぁというときは、ティッシュオフで十分です。ティッシュオフなら、肌の水分・油分のバランスを崩さずにケアできます。

必要なときだけ使う

少し肌がテカっている・ベタついているからと、やたらとあぶらとり紙を使うのはよくありません。必要以上に皮脂を取り除くと、かえって乾燥の原因になります。

肌が乾燥すると、さまざまな肌トラブルを引き起こす原因になります。必要なときだけ使うようにして、それ以外はティッシュオフなどで対応しましょう。

肌が乾燥していたら使用を控える

メイク直しをする際に、あぶらとり紙で皮脂を取り除くことがルーティーンになっている方は注意が必要です。それは、肌が乾燥しているときに使わないようにすること。

肌が乾燥しているのに、ついいつもの癖であぶらとり紙を使ってしまうと肌がより乾燥してしまいます。あぶらとり紙は、余分な皮脂を取り除くアイテムですので、肌が乾燥しているときは使わなくてよいのです。

まとめ

今回は、あぶらとり紙の正しい使い方と注意点についてご紹介しました。これから暑くなって皮脂が出やすくなれば、あぶらとり紙を使う機会が触れると思います。

顔のテカリやベタつきを直すつもりが、謝った使い方をしてかえって肌トラブルに発展してしまうと意味がありません。しっかりとあぶらとり紙の正しい使い方を身につけて起きましょう。

またあぶらとり紙を使うときは、強く擦ったり叩いたりしないように気をつけてください。その刺激が肌にダメージを与えてしまいます。優しく乗せる感覚で使いましょう。また頻繁に使いすぎるのもNGです。必要な皮脂まで取り除かないように気をつけてくださいね。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書いてみましょう

Light
レビューの平均:  
 0 レビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事を書いたwriter

編集部

編集部