「かわいい」は、おかわりしたくなる。

来年の肌作りは夏に始まってる!?夏のスキンケアテクとは

作成:2020/07/13更新:2020/07/13

梅雨が明ければ、いよいよ本格的な夏がやってきます。夏のスキンケアをしっかりと行なっておけば、秋冬のなっても肌状態が悪化するのを避けることができます。

とはいえこれからどんどん気温が上がって暑くなっていきますから、汗やテカリなどが目立つようになりますね。ここで意識しておきたいのは、汗やテカリを肌が潤っているように勘違いしてしまうこと……。

そのせいでつい保湿ケアを疎かにしてしまうと、いざ乾燥の季節が着て大変な思いをすることになるかもしれません。夏の季節こそ、保湿ケアを心がけることが大切ですよ。そこで今回は、暑い夏にすべき保湿ケアテクニックをご紹介していきます。

夏はインナードライになりがち?

夏場は、気温や湿度が上がりやすく皮脂や汗によって肌表面が潤っているように感じやすいですね。そのため、本当は乾燥しているのに乾燥していることに気づきにくいのです。

潤っていると勘違いしたまま夏のスキンケアを実施していると、肌内部の乾燥が悪化してしまいます。その結果、インナードライ肌を引き起こすことにも繋がりかねません。

自分でも気づかないまま肌内部の水分量が減って、インナードライ肌になるのは避けたいところですね。インナードライ肌になると、肌がしぼみ不健康な肌状態に見えることもあるのです。

夏だからこそ保湿ケアは徹底して行うことが大切というわけですね。しっかりと水分補給をして保湿してあげることを心がけましょう。

あなたは大丈夫?セルフインナードライ肌チェック

みなさんの中には、自分でも気づかないうちにインナードライ肌に陥っている方もいるかもしれません。そこでここでは、自分がインナードライ肌かどうかをセルフチェックしていきましょう。下記に当てはまる項目が多いほどインナードライ肌の可能性が高いです。

  1. 見た目は潤っているがベースメイクのノリが悪い
  2. 時間が経つと乾燥してファンデが崩れやすくなる
  3. 特に鼻周辺の皮脂くずれや毛穴の目立ちが気になる
  4. TゾーンがベタつくがUゾーンや口周辺は乾燥している
  5. 肌がゴワついた感じがする、キメが粗い
  6. スキンケアをしても肌なじみが良くない

インナードライ肌の原因とは?

そもそもインナードライ肌になる原因としては、どういったものがあげられるのでしょうか。ここでは、その原因についていくつか触れていきたいと思います。

代表的な原因の一つとしては、紫外線ダメージがあります。夏は、やはり一年で最も紫外線量が多い季節といわれていますね。ちゃんと紫外線対策を行わないと、日焼けするのはもちろん肌内部の水分不足や肌の免疫力低下に繋がることもあります。

また乾燥もインナードライ肌を引き起こす原因の一つです。特に夏場は、クーラーの効いた空間に長時間いることが増えます。涼しくて気持ち良いと感じるかもしれませんが、冷房にあたりすぎると肌の乾燥を引き起こします。

乾燥に関しては、冷房以外にも扇風機の風でも乾燥を引き起こすこともあります。他にも汗をかくことで拭き取る際などに水分を一緒に奪ってしまうとか。汗を拭いたあとは、ちゃんとミストなどで保湿することが大切です。

あとは、日頃のストレスや不規則な生活習慣を送っていると肌が乾燥しやすくなります。血行が悪くなり肌のバリア機能が低下すると、皮脂量・水分量が減り乾燥肌を引き起こすので注意しましょう。

クレンジングや洗顔料を見直そう

夏場は、皮脂やメイク汚れが気になってしっかりと落としたいと思うでしょう。しかし必要な皮脂を取り除いてしまうと、かえって乾燥の原因です。

洗浄力の強すぎるアイテムを使っているなら、クレンジングや洗顔料を見直してみるのも一つの手ですよ。ベタつきが気になる方は、油分の多いミルクタイプやクリームタイプを使っている可能性があります。

ジェルタイプやウォータータイプに変えてみるだけでも、快適にクレンジング・洗顔をすることができますよ。

潤いバランスを整えよう

紫外線を浴びた肌は、乾燥しやすい状態となっています。しっかりと肌の深いところまで潤いを届けましょう。ヒアルロン酸やセラミドといった成分を含んだ化粧水を使ってコットンパックをするとよいですよ。

化粧水をぱぱっと付けて手軽に済ますのではなく、しっかりと肌にたっぷりと潤いを与えていきましょう。

定期的に潤い補給を心がけよう

普段何気なく生活していても、紫外線や冷房など乾燥の要因となることがたくさんあります。そのため、外出する際も乾燥を感じたらすぐに保湿ケアできるようにミストタイプの化粧水などを持ち歩くとよいですよ。

日中のベタつき予防にも効果的なのでおすすめです。

まとめ

今回は、夏の保湿ケアについてご紹介しました。夏こそ保湿ケアが大切です。この夏のスキンケアをしっかりと行なっておけば、秋冬の肌も良い状態を保てるでしょう。

今回紹介したこと以外にも、定期的にリンパマッサージなどを実施して血行促進しておくとよいですよ。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書いてみましょう

Light
レビューの平均:  
 0 レビュー
« »