「かわいい」は、おかわりしたくなる。

ムダ毛処理は完了してる?VIO脱毛のメリット・デメリットとは

403
作成:2020/06/05更新:2020/06/05

暑くなってくると、海やプールに行きたくなりますね。そういったときに気になるのが水着や下着からはみ出るアソコの毛……。みなさんは、VIO脱毛をしていますか? 最近では、VIO脱毛をする方が増えています。

しかしデリケートな部位だからこそ、VIO脱毛をするのはちょっと怖いと感じている方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、VIO脱毛に関するメリット・デメリットについてお話していきたいと思います。

VIO脱毛について

みなさんは、VIO脱毛について興味を持ったことはありますか? そもそもVIOが一体何のことなのかわからない方のために基礎知識をお話しておきましょう。

VIOとは、それぞれ「V・I・O」でデリケートゾーンの部位を表します。Vゾーンは、ビキニラインのことをいいます。Iゾーンは、女性器周辺のことです。そしてOゾーンは、肛門周りのラインをいいます。見た目やエチケット、衛生面などを考慮して、最近ではVIO脱毛を受ける人が増えているのです。

アンダーヘアには、外的刺激からデリケートゾーンを守ったり、保湿したりといった役割があります。さらに膣内に菌が入らないようにするといった役割もあるといわれています。

VIO脱毛のメリットとは

VIO脱毛をするメリットとしては、どういったものがあげられるのでしょうか。主に尿や便のほか月経血やおりものなどが毛に付着するのを防いでくれます。これによってニオイやムレ、痒み、かぶれといった悩みが軽減されたという方も多いです。

陰部を清潔に保つことができるため衛生的ですし、性行為のときにも毛を巻き込むなどの問題を解消することができます。さらに男性との密着度が上がるといったメリットもあるようです。

このほかにも水着や下着から毛がはみ出ることを防げますし、VIO脱毛によってアンダーヘアの好きなデザインにすることも可能です。形を整えることで、見た目をきれいで好印象にできるというわけです。

VIO脱毛のデメリットとは

続いてVIO脱毛のデメリットについてご紹介します。やはりVIO脱毛をすることで、アンダーヘアがなくなり外的刺激から守りづらくなります。さらに保湿効果もなくなります。

このほかにも完全無毛のハイジニーナにしたことで、温泉などに入りづらくなった人もいるようです。全く気にしないという人にとっては、問題ない部分といえるでしょう。中には、I・Oラインのみ脱毛してVラインはデザイン脱毛にするといった人もいます。

VIO脱毛はいろんなデザインが選べる

VIO脱毛では、さまざまなデザインを選ぶことができます。Vラインを逆三角形や長方形といった自然な形できれいに整えることも可能です。人によっては、ハート型や楕円形など個性的なデザインにする人もいるとか。

またハイジニーナといって、完全無毛にする人も案外珍しくないようです。このようにいろんなデザインがありますので、自分がどんな風にしたいのか事前に考えておきましょう。

またデザイン脱毛をするのであれば、脱毛クリニックなど医療機関の永久脱毛を利用することをおすすめします。一度脱毛してしまえば半永久的に生えてきませんので、今後の処理が楽になりますよ。

ただし永久脱毛の場合は、元に戻すのが難しいので施術を決める前にしっかりとデザインを含め検討しましょう。先ほどのVIO脱毛のメリット・デメリットを参考にしてみてください。

VIO脱毛で気をつけたいポイント

VIO脱毛を脱毛クリニックで受ける場合は、レーザー脱毛を使用します。脱毛機器によっては、肌が色素沈着を起こしているとやけどしやすくなったり効果が出づらくなったりします。そのため、ビキニラインなども日サロできれいに焼いている人は注意が必要です。

このほかにも生理中は、肌のトラブルが起こりやすいので気をつけましょう。生理中は、痛みに敏感になることもあります。タイミングなどもしっかり考えてVIO脱毛を受けることをおすすめします。

自分で処理する場合の注意点

VIO脱毛は、脱毛サロンや脱毛クリニックで行なっていますが通うほどのお金がないという人もいると思います。そういった人は、自分で処理しようと考えていることでしょう。

ただしデリケートゾーンなので、自分で処理する場合は、細心の注意を払って行う必要があります。特にデリケートゾーンは皮膚が薄く刺激に弱いです。カミソリを使う場合も、しっかりとクリームを塗ってから処理するようにしてください。

シェービング後は、しっかり洗い流して保湿ケアをすることも忘れずに。シェービング後に肌が赤くなったり熱くなったりしていたら、冷やして炎症を抑えるようにしてください。

まとめ

今回は、VIO脱毛のメリット・デメリットについてご紹介しました。最近では、ハイジニーナにする人も増えています。衛生面や彼との夜の時間のことなども含め、メリット・デメリットを確認しながら検討してください。

基本的には、脱毛サロンや脱毛クリニックを利用するのがよいです。自分で処理する場合は、デリケートゾーンだということを念頭に置いて慎重に行い、ケアなども忘れずに行なってください。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書いてみましょう

Light
レビューの平均:  
 0 レビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事を書いたwriter

編集部

編集部