「かわいい」は、おかわりしたくなる。

【女子必見】スキンケアに欠かせない化粧水の選び方と人気商品をご紹介

145
作成:2020/10/26更新:2020/10/26

毎日のスキンケアに欠かすことができない化粧水はどの女性にも必須のアイテムです。
しかし、意外と自分の肌に合った化粧水を選ぶ方法を知らない女性が多いそう。

今回は、そんな化粧水の選び方と通販で購入できる人気アイテムをご紹介しますので、化粧水選びに迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

自分に合った化粧水を選ぶ

色々な化粧水を試してみたけれど、なかなか自分にぴったりな化粧水が見つからないという女性は多いはずです。

特に季節の変わり目などは、温度や湿度の変化に加えて季節ならではの要因によって肌トラブルが起こりやすいもの。

いざお肌の調子が良くなくなり、化粧水を見直すことが多いのも季節の変わり目だと思います。

そんな時、自分にぴったりな化粧水を選ぶには、自分の肌タイプに合わせるのがポイントです。

肌タイプは「普通肌・乾燥肌・脂性肌・混合肌・敏感肌」の5種類に分類されますので、自分の肌質に合わせた選び方を実践してみてください。

普通肌タイプ

普通肌は、他の4種類の肌タイプに比べて1番バランスの良い肌質が特徴です。

キメが細かい肌で、柔らかくしっとりとしてるのが普通肌。

この普通肌タイプの方は、過度なケアをする必要がありませんので、お肌の水分をしっかりと補給することを意識していればOKです!

乾燥肌タイプ

乾燥肌タイプは、肌の水分量と皮脂が少ないことによって、肌の表面にじゅうぶんな潤いが無い肌質です。

お肌の乾燥によって、表面がカサカサしておりシワっぽく見えるのも乾燥肌の特徴になります。

乾燥肌タイプの方は、できるだけお肌の刺激を抑えた化粧水を選ぶのがおすすめです。

美容成分や添加物が含まれている化粧水は、お肌のトラブルにつながりますので避ける方が良いでしょう!

脂性肌タイプ

脂性肌タイプの方は、皮脂の過剰な分泌によってニキビや毛穴トラブルが多いのが特徴です。

脂性肌はインナードライになっている可能性があるので、保湿力の高い化粧水を選んで試してみるのがおすすめです!

混合肌タイプ

混合肌タイプは、日本人に1番多いとされており、Tゾーンが脂っぽくUゾーンは乾燥しているのが特徴です。

ニキビや毛穴のトラブルが起こりやすいのも混合肌タイプの特徴で、脂性肌と同じく実はインナードライになっている可能性があります。

脂性肌タイプとは違って、混合肌タイプの方は低刺激で保湿力の高い化粧水を選ぶのがおすすめです。

自然由来の化粧水などは相性が良いので、ぜひ選んで試してみてください。

敏感肌タイプ

敏感肌タイプは、化粧水を使った際に肌のかゆみや赤みなどがでやすいタイプの肌質です。

敏感肌タイプの方は、お肌に刺激の少ない化粧水を選ぶのがおすすめで、お肌に刺激を与えるアルコール系や香料、美肌成分などが入っていない化粧水を選びましょう。

混合肌タイプとは違い、自然由来の化粧水もアレルギー反応がでる可能性がありますので注意が必要です。

人気の化粧水をご紹介

自分の肌タイプを改めて見直すことによって、本当に自分に合った化粧水を選んでみてください。

化粧水は毎日のスキンケアに欠かせないアイテムなので、自分にぴったりなものを選んでお肌のコンディションを整えましょう。

最後に、通販で購入することができる人気の化粧水をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

無印良品 導入美容液+化粧水(さっぱりタイプ)セット 各400ml

   
引用:amazon.co.jp

菊正宗 日本酒の化粧水 高保湿 単品 500ml

   
引用:amazon.co.jp

メラノCC 薬用しみ・そばかす対策美白 化粧水 しっとりタイプ 高浸透ビタミンC配合誘導体配合 170mL

   
引用:amazon.co.jp

【セット買い】オルビス(ORBIS) 薬用クリアローション L さっぱり 180mL 化粧水

  
引用:amazon.co.jp

【Amazon.co.jp限定】 肌ラボ 極潤 化粧水 大容量ポンプタイプ 1個+おまけつき セット 400mL

   
引用:amazon.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事を書いたwriter

編集部

編集部